Ascenseur Pour L’echafaud 死刑台のエレベーター[完全版] / マイルス・デイヴィス

Ascenseur Pour L’echafaud 死刑台のエレベーター[完全版]
マイルス・デイヴィス / Miles Davis

ツアーでフランスに滞在していたマイルスが自身初となる映画音楽を担当。メンバーはバルネ・ウィランら現地の精鋭によるクインテット、映像を見ながら即興で演奏をしたというのはよく知られた話である。当時弱冠25歳のルイ・マル監督の依頼を受けたのは恋人ジュリエット・グレコの仲介によるという。

ジャケ違いはこちら


Item Details

日本フォノグラム
・発売日:1988/12/1
・JAN:4988011313103
・規格品番:28JD10170
・組数:1枚組

Personnel

Miles Davis: tp
Barney Wilen: ts
Rene Urtreger: p
Pierre Michelot: b
Kenny Clarke: ds

Disc1
  1. シャンゼリゼの夜 (take1) 2:26 ※
  2. シャンゼリゼの夜 (take2) 5:24 ※
  3. シャンゼリゼの夜 (take3) (テーマ) 2:54
  4. シャンゼリゼの夜 (take4) (シャンゼリゼを歩むフロランス) 2:59
  5. 暗殺 (Take1) (夜警の見廻り) 2:04
  6. 暗殺 (take2) (エレベーターの中のジュリアン) 2:12
  7. 暗殺 (Take3) (カララの殺人) 2:11
  8. モーテル (モーテルのディナー) 3:58
  9. ファイナル (Take1) 3:08 ※
  10. ファイナル (Take2) 3:03 ※
  11. ファイナル (Take3) (モーテルの写真屋) 4:06
  12. エレベーター (ジュリアンの脱出) 2:01
  13. 居酒屋 (Take1) 2:42 ※
  14. 居酒屋 (take2) (プティ・バックの酒場にて) 2:56
  15. ドライヴウェイ (Take1) 2:58 ※
  16. ドライヴウェイ (Take2) (ドライヴウェイのスリル) 2:18
  17. テーマ 2:47
  18. カララの殺人 2:09
  19. ドライヴウェイのスリル 2:17 
  20. エレベーターの中のジュリアン 2:08
  21. シャンゼリゼを歩むフロランス 2:51
  22. モーテルのディナー 3:57
  23. ジュリアンの脱出 0:51
  24. 夜警の見廻り 2:04
  25. プティバックの酒場にて 2:52
  26. モーテルの写真屋 3:54

Total Playing Time 76:18
#1~16 オリジナル・マスターテープを完全収録
#17~26 オリジナル・サウンドトラックを収録
※ 未発表テイク

録音:1957年12月4日 パリ

コメント

トップへ戻る