Shape Of Things To Come / ジョージ・ベンソン

Shape Of Things To Come
ジョージ・ベンソン / George Benson

Shape of Things to Come

1968年リリース。A&M移籍後初のアルバムで、多大な影響を受けたウエス・モンゴメリーの死後2か月後に収録された作品である。アレンジにドン・セベスキー、エンジニアにルディ・ヴァン・ゲルダー、プロデュースにクリード・テイラー、そしてバックにはハービー・ハンコックやロン・カーター、ハンク・ジョーンズら豪華なメンバーが名を連ねている。


Item Details

A & M RECORDS
・発売日:2007/9/18
・JAN:0602517426672
・規格品番:

・組数:1枚組
デジパック仕様

Personnel

George Benson: g
Herbie Hancock: p (#1, 4)
Hank Jones: p (#3)
Charles Covington: org
Ron Carter: b (#2, 6, 7)
Richard Davis: b (#3, 5)
Leo Morris: ds
Jack Jennings: vib (#1, 3, 4)
Johnny Pacheco: conga
Bernard Eichen: vn (#1, 3, 4)
Charles Libove: vn (#1, 3, 4)
David Mankovitz: va
George Marge: vc (#1, 3, 4)
Romeo Penque: vc (#1, 3, 4)
Stan Webb: vc (#1, 4)
Burt Collins: tp (#2, 5, 6, 7)
Joe Shepley: tp, flh (#2, 4, 5)
Marvin Stamm: tp, flh, picc (#1, 2, 4, 5, 7, 6)
Wayne Andre: tb, b-hr (#1, 2, 4, 5, 7, 6)
Alan Raph: tb, tuba (#1, 2, 4, 5, 7, 6)
Buddy Lucas: sax, hmc (#1, 2, 4, 5, 7, 6)

Disc1

Footin’ It 4:22
Face It Boy, It’s Over 4:04
Shape Of Things To Come 5:14
Chattanooga Choo Choo 3:33
Don’t Let Me Lose This Dream 4:41
Shape Of Things That Are And Were 5:47
Last Train To Clarksville 5:32

Recorded at VanGelder Studios
#1, 4 August 27, 1968
#3 September 5, 1968
#5 October 17, 1968
#2, 6, 7 October 22, 1968

George Benson – Shape Of Things To Come

コメント

トップへ戻る