Chasin’ The Jazz Gone By / ファイブ・コーナーズ・クインテット

Chasin’ The Jazz Gone By
ファイブ・コーナーズ・クインテット
The Five Corners Quintet Featuring Mark Murphy

Chasin' The Jazz Gone By

ジャズの“未来”がここにある…世界が注目する北欧フィンランド、ヘルシンキより話題の21世紀型最新モード、ファイヴ・コーナーズ・クインテット登場!ー帯より
北欧フィンランドを拠点に活動するジャズ・コンボ、ザ・ファイブ・コーナーズ・クインテットのデビュー・アルバム。ニュースピリット・ヘルシンキのツォーマス・カリオによるプロデュース、アメリカを代表する男性ジャズ・シンガー “マーク・マーフィー” 、フランスの女性ヴォーカリスト “オコウ” が参加。


Item Details

日本コロムビア
・発売日:2005/08/24
・JAN:4988001905165
・規格品番:COCB53391
・組数:1枚組

Personnel

Mark Murphy: vo(#4, 9, 12)
Okou: vo(#1, 7)
Eero Koivistoinen: ts(#2, 5, 6, 8, 11)
Timo Lassy: ts(#4, 7, 12), bs(#1, 7, 10), fl
Jukka Eskola: tp, flh
Severi Pyysalo: vibes(#1, 4, 6, 10, 11)
Mikael Jakobsson: (#1, 4, 7, 12)
Kim Rantala: p(#2, 5-7, 9, 11), org
Antti Lotjonen: b
Tapani Nevalainen: b(#2, 6, 11)
Teppo Makynen: ds, perc
Pekka Jaclin: ds, perc(#2, 6, 11)
Abdissa Assefa: perc(#4, 5, 12)

Maria Daroczy: vn
Eeva Salminen: vn
Elina Kuronen: vn
Pauliina Anttila: vn
Emilia Markkanen: vn
Ake Jarvinen: vn
Matti Lindholm: va
Sini Hypponen: va
Samuli Hyvarinen: vc
Borje Holopainen: vc
Lalli Koylio: F-hr
Heikki S. Tikkanen: F-hr

Japanese Bonus Tracks:
Gianluca Petrella: tb(#13)
Daniele Scannapieco: ts(#13)
Pietro Lussu: p(#13)
Pietro Ciancaglini: b(#13)
Lorenzo Tucci: ds(#13)
Pierpaolo Bisogno: bongos, vibes(#13)
Severi Pyysalo: vibes(#14)
Eero Koivistoinen: ts(#14)
Jukka Eskola: tp, flh(#14)

Disc1
  1. Blue Cycles
  2. Trading Eights
  3. Interlope
  4. This Could Be The Start Of Something
  5. Straight Up
  6. Three Corners
  7. Case Study
  8. Lighthouse
  9. Before We Say Goodbye
  10. Unsquare Bossa
  11. The Devil Kicks
  12. Jamming (With Mr. Hoagland)
    Japanese Bonus Tracks
  13. Three Corners – Nicola Conte’s Sahib Samba Version
  14. The Devil Kicks – Sumo-On-Wheels Remix

Recorded by Tuomas Kallio at Nuspirit Helsinki Studio, Helsinki & Quad Studios, NYC
#13: Recorded in Bari, March 2004.

Lighthouse

コメント

トップへ戻る